ストレスためない程度に自炊

1番は外食を減らすこと。今は8ヶ月の乳児がいるのですが、子供が生まれるまでは週に2回は外食をしていましたが、今は行って1回、あとは家で作ります。土曜日の卵特売日に1週間分まとめ買いして、その日のうちに野菜をある程度刻んだり下ごしらえをして冷蔵庫、冷凍庫に保存してしまいます。そして平日は、それをもとに炒めたり煮込んだり使います。外食を全くなくしてしまうとストレスになるので、週に1回は食事に関しては完全休む日を作っています。

買い物はまとめること

1番節約しやすいのが食費なので、食料品は週に一度まとめて購入するようにしています。週にいくらまでと決めてまとめて購入することで、時間の節約にもなりますし、無駄な買い物を控えることができます。その際荷物が重くて大変ですが、1人で行くと必要な物以外買わなくて済むこともあります。また、生活用品もポイントが貯まるお店で安い日にまとめて購入し、ちょこちょこ買うことを控えるようにしています。月に大きな節約ではないですが、小さな積み重ねで効果を発揮できるようになってくるはずです。

ネットを上手に活用する

我が家ではネットで食材配達を依頼しています。1週間〜2週間周期で、規格外の野菜がランダムで届く仕組みです。不揃いだったり形が変だったりするだけで、もともと品質の良いお野菜がお安くてにはいります。まとめ買いができないお肉類だけを、スーパーでちょいちょい買い足すようにしているので、買い物に行くのは2,3日に1回のペースで十分です。時間も有効活用できますし、捨てられるお野菜だから環境にも優しいですよね。さらにコンビニでの後払いが可能なので、給料日前はわざと大量にお野菜を取り寄せて、給料日後にお支払いしています。

やりくりのコツは「傾斜」をかけることです

主人の年齢は20代後半、年収は税引前700万円程の東京に住む主婦です。(ちなみに、私もパートをしておりその収入は月7万円程度。これは手を付けていないので今回は無視です。)主にやりくりをしているのは、ベタですが食費。献立は予め決めずに、スーパーに行って安いものをメインに。そして冷蔵庫に入っているものを活かせるものに使用と心がけています。食材は国産にこだわるけれど、調味料はプライベートブランドなど安いものを活用!あと、めんつゆや本だしなどは自分で取るようにお金ではなく手間をかけて美味しい料理を作っています。一方、隔週では贅沢な外食もしますし、主人はお酒が趣味なのでいいお酒も買います。日用品(シャンプーなど)は、適当なものはつかいたくないので、節約していません。

月1銀行へ行く

彼の給料日にすぐに銀行へ行きます。そして、自動引き落とし分・積み立て分以外を除いて全額下します。家ですぐにお金を1週間×5週分の生活費を封筒5枚に分けて入れその中でやりくりします。(何に使ってもOK)また余った分は足りなくなった時の為に取っておきます。ポイントは銀行へは行くのは毎月給料日の時1回のみです。なぜかというと頻繁にお金を下すとついつい多めにとってしまうからです。ある分だけで過ごせるようになると自然と毎月のやりくりが楽になりました。

マスコミが叩くしかない!

政治とカネの問題を提起するのはマスコミだと思われる。マスコミが取り上げることにより、市民が立ち上がる。それにより、その問題に絡んだ議員が叩かれる。そして、少しは政治はクリーンにまたクリーンなことをしないといけないという意識を政治家は少しはもつと思う。よって、政治とカネの問題をなくすためにはマスコミが動いてもらうしかないと思われる。マスコミが取り上げることにより、国民の意識が高まり、政治家になろうとしている方々も意識が高まると思う。

なりたい人でなくなって欲しい人が政治家になるべきでは

「政治家になります」と自分で手を挙げる人はどこか、お金を得るための手段・職業として政治を見ている部分があるんじゃないかという疑念を持ってしまうので、多くの人が「この人にやってほしい」と思う人が慣れる仕組みになれば政治とカネの問題も少しは減るのではと思います。もちろんザル法といわれる政治資金規正法を抜け道がないよう厳しいものに改正する必要もあると思いますが、今のままの政治家たちでは自分たちの首を絞めるようなことはしないでしょうから、やっぱり政治家自体を変えることからしなければならないと思います。

公開

最近は、政治とカネに関する問題が非常に多すぎるなと感じています。いまいちど、政治資金の使い方についてのガイドラインの見直しが必要なのではないかと私は考えます。すべての政治家がお金に恵まれているわけではありませんが、税金から給料をもらっているので、今一度考えてもらいたいです。 なくすための方法として一番効果があるのは、すべての支出内容を公に公表することが大事ではないかと考えます。ネットで誰もが見れるそんな環境であってほしいです。

費用対効果の成果主義を導入しては

発想を切り替えて、政治とカネの問題はなくさなくてよいという逆説的な前提に立つ というのはどうでしょうか。全うな政治に、カネのやり取りはつきものであり、一種の必要悪である、いや悪でもない、むしろ一定規模の活動資金は、予め許容されるレベルであればガラス張りにして認めちゃいましょう という発想です。あまりにクリーンすぎるのはむしろ怪しいし、仕事してるかどうか逆に不安になったりもします。その代わり「使った分は相応に仕事をしてもらいますよ」という一種の費用対効果で測る成果主義を導入するのです。

我々とは切っても切れないこれらの問題が少しでもましになるには・・・

とまあ、タイトルの通りのことを考えている人は山のようにいることでしょう。かくいう自分もどちらについても専門的なことはよくわかりませんが、常日頃から思っています。まずは政治・・・これは、第一歩目の選挙公約の時点で「斬新」と思える表明をできる人が登場してこない限りは難しいでしょう。とはいえ、ものすごいカリスマ性を持った人が出てくる必要はなく、「具体的な」話のできる人です。例えば、「待機児童を減らすべく私はこれこれこうします。」と具体案を示せる人です。「全力を尽くします」「誠心誠意」とどこかで聞いたようなセリフはもはや心に響かないでしょう。そして金・・・切実ですよね。最低でも「正しい使われ方」をされていることがわからなければ気持ち悪いことこの上なし!! ありとあらゆるトラブルの元である金の問題を防ぐにはまずは「使い道の明示」、常に我々の前に可視化していただきたいものです。

支出が見えるように抜き打調査

一番は、政治資金規正法を変えることではないでしょうか。と言っても自分たちで自分たちを規制する法律を作るなんてどこかに抜け道があるに違いないと思うので、変えてもあまり問題は減らないと思いますが。どのようにお金を使用したかが見えないから問題が起こるのだと思うので、領収書の提出を義務付ける必要があると思います。また、政治家も会計士も顔や名前を明かさずに抜き打ち調査を行うようにすれば裏工作もしにくくなるのではないでしょうか。

一般企業の常識が政治家の非常識

今、メディアで取り上げられているいわゆる「カネ」問題は、一般企業なら考えられない事。世間の常識が政治家の非常識です。何も難しい事はない。当たり前の事を当たり前にする事が1番。年度予算を使い切らないと次年度の予算が減らされるから使い切るなんて、一般企業では考えられない事。予算内でおさめたら褒められるべき。一般常識のある人、一般企業で勤めた人がしっかりお金の出入りをチェックする。それだけで解決する事ではないのか。

ところで、カードローンについて

政治家といえど、地方議員はお金がそんなにないと思います。選挙前なんてどんだけお金使ってるんでしょうね。あちこち行って。そして本当にお金がなくなったときはカードローン審査甘いとかで借りると思うんですよ。政治家でさえ。政治家の収入って、私たち庶民には計り知れない呆れる部分が大半を占めるのでしょうけれど。政党交付金なんて受取らなければいいのに。共産党はエライですね。